FIND KOBE
FIND KOBE
PLAY FILM
PLAY FILM
PLAY FILM
FIND KOBE ON NEXT SATURDAY -食都神戸-
Council for the Global Reach promotion of “Gastropolis-Kobe” 「食都神戸」海外展開促進協議会 FIND KOBEとは? -about FIND KOBE-

神戸市では、平成27年度より「食都 神戸2020」構想を推進しており、その一環として、神戸産農水産物をはじめとした「食」の海外展開に取り組んでいます。このたび、神戸市、生産者、流通事業者等とともに設立した「食都神戸 海外展開促進協議会」により、世界最大級の国際総合食品見本市である「香港Food Expo2015」に出展し、神戸の「食」の魅力を世界にアピール致しました。

神戸のタカラとも言える「食」を世界に発信していくにあたり掲げられた合言葉が「FIND KOBE」。 世界中の人々に神戸のタカラを知り、感じて頂く為のメッセージです。

農水産物の輸出は、販路の拡大であるとともに海外での評価を高めることが国内でのブランド力向上につながるため、神戸市では、その第一弾として、平成26年度に“神戸イチゴ”を香港へ輸出しました。香港のスーパーマーケットや貿易発展局からは、神戸イチゴに対して高い評価をいただきました。

平成27年度からは、神戸産農水産物の海外展開を効果的にすすめるために、農業者、漁業者、流通事業者等で「食都神戸」海外展開促進協議会を設立し、海外での展示会出展や神戸産農水産物の輸出など、神戸の「食」の世界への発信に取り組んでいきます。(平成27年4月設立)

今年度の事業実施にあたっては、国の「ジャパンブランド育成支援事業」の採択を受けており、数年間かけて事業を継続することで「神戸の食ブランド」の確立を図る予定です。このたびの「香港Food Expo2015」では、神戸産農水産物や加工品などの「食」の神戸ブランドを世界のバイヤーに対してプロモーションを行い、今後の継続的な輸出につなげていきたいと考えています。

神戸市漁業協同組合
JA兵庫六甲
一般社団法人 神戸みのりの公社
株式会社CUADRO
神戸市
next

「IKANAGO」は、神戸に住む人々に春の訪れを知らせるこの街の宝です。
2月から3月の解禁の期間にだけ瀬戸内海の天然の漁場で獲れるIKANAGOを、神戸の人々は、毎年、競い合うように買い求めます。

とても貴重なIKANAGOの中から小さな宝石を選び出すように、よいものだけを選別し、こだわり抜いた調味料や調理方法でつくられたものだけに与えられる「KOBE FISH」の称号。

これまでに海外のマーケットやメディアで紹介されることはなく、神戸の人達が大切に守り作り続けてきた「KOBE FISH」は、神戸唯一の郷土料理であり、本物を知る世界中の多くの美食家達を魅了することでしょう。

IKANAGO is a treasure of the city that heralds the coming of spring to people who live in Kobe.
People in Kobe rush to buy IKANAGO, which is caught in the Seto Inland Sea in a natural fishery which is open only from February to March.

Carefully selecting only the best from the precious IKANAGO like choosing small jewels, the honorific title of KOBE FISH is given to IKANAGO cooked using special seasonings and methods.

KOBE FISH, which has not yet been introduced to foreign markets or by foreign media, is a Kobe tradition that the people in Kobe have taken care to preserve, and it is sure to attract gourmets from around the world who appreciate genuine cuisine.

イワシの仔稚魚を食塩水で煮た後に、しっかりと乾燥させたのが「CHIRIMEN」。ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、細やかなしわをもつ高級着物生地である絹織物の“ちりめん”を広げたように見えることから、この名前がついたと言われています。

毎年、神戸の海岸線で水揚げされた「CHIRIMEN」は、カルシウム やビタミンDが豊富に含まれており、健康意識の高い方や育ち盛りのお子様にもオススメの逸品です。

CHIRIMEN are small young sardines, cooked in salted water and thoroughly dried. The name is derived from the fact that the small fish looks like chirimen, high-quality silk with fine wrinkles, when spread to be dried.

CHIRIMEN land along the coastline of Kobe every year, and are rich in calcium and vitamin D, and recommended for people who are highly conscious about their health and for growing children.

1979年にリリースされたビーチボーイズの名曲「sumahama」の舞台となり、神戸の人々が愛してやまない須磨ビーチの沖では、50年に渡り海苔の養殖が続けられています。 12月から4月の期間に須磨ビーチを訪れると、海苔の刈取作業風景が見られます。

他の地域で生産される海苔に比べ、旨味が強くビタミンやたんぱく質が豊富に含まる「SUMANORI」は、東京や京都、大阪などの高級料亭からも多くの支持を得ています。

The cultivation of nori, also known as laver, has taken place for over fifty years off the coast of Suma Beach, a location loved by Kobe’s citizens and the scene of the song Sumahama, released by The Beach Boys in 1979. Nori reaping work can be seen if you visit Suma Beach from December to April. Compared to nori produced in other areas, SUMANORI has a stronger umami component and contains a richer mix of vitamins and protein, which gives it enormous support in high-class Japanese-style restaurants around the country, including Tokyo, Kyoto and Osaka.

next

「KOBE SAKU HORORI」はサクッとした歯触りと、ほろほろの口どけの良さが命です。旬の神戸いちごの深い味わいと風味を焼き菓子で表現するために、希少な和三盆を使用しています。日本の伝統的な”和三盆”はまろやかな風味 とコクのある味、そして細やかな粒子の口どけが特徴で、和菓子に良く用いられる上質の砂糖です。

神戸スイーツの技術の粋を極めた「さくほろり」は日本の伝統工芸品”漆器”に収められています。乾燥させた木に漆を何度も塗り重ね、豪華な金銀の蒔絵で仕上げられた器は、日本でも特別な席で使われる最高級品です。

The crispy texture and melt-in-your-mouth feeling are the focus of KOBE SAKU HORORI. Wasanbon is used to express the deep taste and flavor of Kobe strawberries in baked confectionery. Japanese traditional Wasanbon is high quality sugar with a characteristic mellow flavor, rich taste and melt-in-your-mouth fine grains, which is often used for Japanese confectioneries.

SAKU HORORI, state-of-the-art Kobe sweets, are contained in SHIKKI, a Japanese traditional craft. Dried wooden bowls coated by many layers of URUSHI lacquer and finished with gorgeous gold and silver MAKIE are the highest grade products used on special occasions in Japan.

イチジク(フィグ)のフロランタンなのでフィグランタン(Figurentine)。

伝統的なフランス菓子に神戸のイチジクを取り入れました。神戸イチジクの特徴は味わいの深さと豊かな風味です。

定評のあるクッキー生地にキャラメルコーティングしたスライスナッツと、完熟を乾燥させた神戸イチジクをのせて焼き上げました。

食感の良いクッキーと、キャラメルナッツ、そしてイチジクの三重奏をお楽しみください。

The name Figurentine means the fig Florentine, Kobe figs used in a traditional French confectionery.

Kobe figs are characterized by their deep taste and rich flavor.

Cookie dough with an established reputation is baked with sliced nuts coated in caramel and dried fully-ripened Kobe figs. Please enjoy the trio of the cookie with excellent texture, caramel-coated nuts and figs.

神戸のミルクジャムブームの火付け役、田中哲人が作った渾身のいちごジャムとミルクジャム。

神戸いちご100%(と砂糖のみ)を使用した神戸いちごジャムは バニラの隠し味がポイントです。

ミルクジャムは新鮮なミルクと砂糖、練乳をじっくりと煮詰め、 キャラメル味に仕上げました。

後味の良さは完成度の高さの証です。 パンや焼き菓子につけて・・・、 お好みのスタイルでお召し上がり下さい。神戸のイチゴ畑へようこそ!

The wholehearted strawberry jam and milk jam are made by Akito Tanaka, who sparked the milk jam boom in Kobe.

The secret ingredient is vanilla, the key point of KOBE JAM -Strawberry-, using only strawberries grown in Kobe (and sugar).

For the milk jam, slowly boiling down fresh milk, sugar and condensed milk, gives it a caramel flavor.

The excellent after taste proves the high degreeof accomplishment. Put it on bread, baked confectioneries, or enjoy the jam in your favorite style. Welcome to the strawberry farms of Kobe!

神戸ピーチマカロンは、どうぞ一口でお召し上がり下さい。

メレンゲ生地の中にスッとクリームが入る瞬間のマジック!マカロン独特の食感の変化をお 楽しみ頂けます。

サンドした神戸産桃のクリームには国産厳選バターを使用しました。口どけが良く、芳醇なバターの香りと桃の風味が互いを引き立て合います。

Please eat KOBE Peach Macaroon in one bite to experience the magic of the moment when the cream smoothly and lightly combines with the meringues! You can enjoy the texture change of macarons. The made-in-Kobe peach cream in the middle is made with selected domestic butter. The rich aroma of butter that melts in your mouth and the peach flavor enhance each other.

神戸桃の美味しさを知り尽くした生産者が、その最高に美味しい瞬間をゼリーにしました。

有機肥料を取り入れ、自然に近い状態で栽培された桃はストレスがなく、桃本来の甘さや風味が非常に豊かです。

神戸の身体に優しい果樹園で誕生した桃ゼリーは、生産者の顔が見える安心安全の神戸スイーツです。

The producers who best understand KOBE Peaches made its most delicious moment into jellies.

The peaches, cultivated under conditions as close to nature as possible using organic fertilizers, are free from stresses and rich in original peach sweetness and flavors.

This peach jelly, born in the health-friendly orchards in Kobe, is a safe and trusted Kobe sweet where you can see the faces of the farmers who produced the fruit.

神戸ブランデー「福与香(fukuyoka)」は、神戸産ブドウ100%の「神戸ワイン」を蒸留し熟成させながら作る希少な純国産・神戸産ブランデーの中から、さらに選りすぐられたものだけをブレンドした超プレミアムなブランデーとなります。

ブランデーの本場コニャックでも使用されているシャラント型単式蒸留釜を使って、2回直火で蒸留することにより、非常に香り高く、とてもまろやかな優しい飲み心地を与えてくれる最高級ブランデーとして仕上がりました。

希少で高貴な「fukuyoka」は、しっとりとした大人の優雅な時間を演出します。

Fukuyoka, a Kobe brandy, is a super-premium brandy made by blending selected domestic and made-in-Kobe brandy, crafted by distilling and maturing KOBE WINE, a wine made only with grapes grown in Kobe.

Double distillation in pot stills (Alambic charentais) which are used in Cognac, the motherland of brandy, makes for a highest quality brandy with a very rich aroma and mildness on the tongue.

The very rare and noble Fukuyoka creates chic and tranquil times for adults.

神戸産メルロの華やかな香りとカベルネ・ソーヴィニヨンのボディ感が優雅に調和した味わいの「EXTRA RED -KOBE WINE-」。味は勿論のこと、昔の神戸の美しい風景が描かれた「KOBE WINE EXTRA」のラベルは、世界の人々に「浮世絵ワイン」として非常に高い評価と人気を得ています。

果実味を大切にしたこだわりの低温発酵と木樽熟成。芳醇な香りとバランスが特徴です。原材料となるブドウは神戸の農園で育ったブドウを100%使用しています。

高級感とモダンな神戸を感じて頂けるワインをお楽しみ下さい。

EXTRA RED –KOBE WINE- has a taste that combines the gorgeous fragrance of Merlot made in Kobe with the body of Cabernet Sauvignon. To say nothing about its taste, the label of KOBE WINE EXTRA showing beautiful old scenery from Kobe is highly acclaimed and very popular as Ukiyoe Wine among people around the world.

Special low temperature fermentation that carefully keeps the flavor of the fruit, and maturation in wooden barrels, give it its characteristic mellow flavor and balance. All grapes, used to make the wine are grown on farms in Kobe.

Please enjoy this wine to feel the luxury of modern Kobe.

神戸は「晴れ」の街。日本の地中海性気候ともいえる降水量の少ない瀬戸内周辺は、最高級のフルーツの栽培に最も適したエリアです。最大限まで引き出した糖度、食卓まで最短で届く新鮮さ、それが「KOBE FRUITS」が賞賛される所以です。

果樹団地のそばにある日本最大級の農産物直売所では、夏から秋にかけて「KOBE FRUITS」を求める多くの客で殺到します。それは、ここでしか味わえない「KOBE FRUITS」が並ぶから。

その商品構成も多彩。「PEACH」「FIG」「PEAR」「GRAPE」「KAKI」と時期に応じたラインナップ。その全てが匠の技術による栽培、厳格な品質管理をクリアしないといけません。神戸の「街」と「食」を彩る「KOBE FRUITS」。

この時期にしか味わえないプレミアム品です。

このたび、輸送技術の進歩により、「KOBE FRUITS」が初めて海を越えます。神戸の本物の味を世界中の皆様にお届けします。

Kobe is a sunny city and the Setouchi area is the most suitable in Japan to grow the highest grade of fruit due to low rainfall, with its climate called Japan’s Mediterranean. The highest sugar content and freshness of the fruit delivered to the dining table in the fastest possible time are the reason for the praise garnered by KOBE FRUITS.

From summer to autumn one of Japan’s biggest farmers’ markets held near the area with many orchards is crowded with people buying KOBE FRUITS. People are drawn there because there are some KOBE FRUITS that can only be found there.

Various kinds of fruits are sold. The line-up varies depending on the season, including peaches, figs, pears, grapes and persimmons. All are grown by the method using masters’ techniques and clear severe quality control. KOBE FRUITS, coloring the city and food of Kobe.

They are premium products you can enjoy only in this season.

Now, due to advances in transportation technology, KOBE FRUITS can cross the ocean for the first time. The real taste of Kobe will be sent out to the world.

08/31 2015 REPORTS_06 「FOOD EXPO 2015」会場レポート5

香港で、知る人ぞ知る料理研究家、KCKOOさんのクッキングスタジオにて、発行部数十数万部を誇る地元有力誌の取材を受けました。現地のキッチンをお借りして“いかなごの釘煮”を調理。

厳選した素材、調味料、調理方法によりつくられる「KOBE FISH」とは違い、多くの神戸のご家庭でつくられる「いかなごの釘煮」の調理をご覧頂き、最後にはご試食頂きました。

神戸の“おかあちゃん達”の味は、神戸や日本だけではなく、世界中の人々の舌をも魅了するものであることを、改めて再認識そして再確認させて頂けたと同時に、その中でもプレミアムな素材や調理方法によりつくられる“KOBE FISH”の可能性を感じた次第です。

以下は、ライターさんのFacebook記事より引用。

這天早上很高興跟神戶市漁業協同組合來一次廚藝交流,由他們的代表取締役三坂小姐示範一味釘煮玉筋魚。這是一味在神戶非常普及的家常菜,在玉筋魚盛産的季節,在住宅區也會濔漫這道菜的味道。這一次能觀摩其正宗做法,獲益良多。
當然,最開心的就是試吃的時間,這是個一等一的下飯菜呢!

08/31 2015 REPORTS_05 「FOOD EXPO 2015」会場レポート4

「FOOD EXPO 2015」に出展する全国の、10団体のみに与えられたデモンストレーションの舞台。
神戸の魅力を世界に発信すべく、代表メンバーにて精一杯プレゼンテーションをさせて頂きました。

08/31 2015 REPORTS_04 「FOOD EXPO 2015」会場レポート3

2015年8月13日~15日までの3日間、香港のHKCEC(Hong Kong Convention and Exhibition Centre)にて開催された「FOOD EXPO 2015」での神戸ブースの様子をご紹介。

開催初日となる13日には、林 芳正農林水産大臣が神戸ブースに足をお運び頂きました。「食都神戸」についての私達の取り組みは勿論、神戸のタカラであるKOBE FISHや須磨海苔を御試食頂き、嬉しい温かいお言葉と応援メッセージを頂戴することが出来ました。

08/31 2015 REPORTS_03 「FOOD EXPO 2015」会場レポート2

「FOOD EXPO 2015」では、記念レセプションとして「JAPAN GALA DINNER」が開催されました。数多くの食品の中から、最も重要であるファーストメニューであるappetizerとしてKOBE FISH 釘煮が選ばれVIPの出席者の皆様方に振舞われました。

林 芳正農林水産大臣や、香港貿易発展局総裁であるマーガレット フォン氏とも、お話をさせていただく機会に恵まれ神戸の食の可能性や魅力を、ゆっくりとお伝えさせて頂き、存分にご堪能頂く貴重な機会となりました。

08/31 2015 REPORTS_02 「FOOD EXPO 2015」会場レポート

2015年8月13日~15日までの3日間、香港のHKCEC(Hong Kong Convention and Exhibition Centre)にて開催された「FOOD EXPO 2015」での様子を動画でご紹介いたします。

出展参加国:26か国、1,182社による1,000を超える世界中の食品・飲料関連メーカーや商社等が出展する世界最大級の国際総合食品見本市であり、バイヤーにとってはビジネスを広げるチャンスに満ちており、香港市場への販路開拓を目指す企業等にとって効果的な機会となっています。主催:香港貿易発展局(HKTDC)・来場者数:480,075人(うちバイヤー数:20,075人)

日本の食品・飲料等の魅力を国際的にアピールし、日本企業による香港市場への新規参入・販路拡大を目指すため、ジェトロ(日本貿易振興機構)が日本企業を出展対象として、香港Food Expo2015会場内に設置したものが「ジャパン・パビリオン」です。参加規模:161社・団体(出展者ブース:105小間、事務局等:16小間)

08/31 2015 REPORTS_01 「FIND KOBE 」オフィシャルポスター配布開始。

「FIND KOBE」のオフィシャルポスターを、神戸市内1,200か所に配布開始いたしました。
神戸のタカラを探す女子高生のプチ冒険の旅を通じて、神戸の食の魅力と可能性を感じて頂きたいと思います。
動画に出演して下さったのは、神戸市内の高校に通う現役の高校生達。
キラキラと輝く彼女達の瞳で、大切なこの街のタカラを次々に見つけ出していく。

「さあ、次の土曜日に、神戸のタカラを探しに行こう!」